髪の毛の基礎知識

薄毛に悩んでいるという方は、とかく薄毛をなんとかしたい、現状を変えたい、回復したいと、あの手この手で薄毛対策に走ります。

たしかに薄毛が気になり始めたら、薄毛は何とかしないとそのまま放置しておくのは得策ではないでしょう。

ですが薄毛が気になるからと薄毛対策に奔走する前に、少し立ち止まって髪の毛について改めて考えてみるというのは、どうでしょうか?

もしかすると、薄毛をなんとかするための、ヒントが見えてくるかもしれません。

では薄毛の対策をする前に、改めて髪の毛について、そのメカニズムを探ってみましょう。

私達は髪の毛というのは、特殊ななにかで出来ているように受け止めている感じもありますが、実は髪の毛というのは皮膚の角質層というのが、変異を起こしたことで作られています。

もっとわかりやすく言えば、髪の毛というのは実は意外や意外かもしれませんが、私たちの体の一部ツメと同じようなものと考えることが出来るのです。

さらに、それだけではありません。

髪の毛は髪の毛で間違いないのですが、髪の毛は頭皮の一部であると言えるのです。

ツメの一部という事は、ツメはケラチンが主な成分ですが、髪の毛も主な成分がケラチンなのです。

そしてケラチンはケラチンでもアミノ酸が18種も結合しているタンパク質構成されているのです。

ケラチンを構成している数種の中には、体で自然と作ることが出来ないで食べ物しか摂取できない成分もあります。

このことからも髪にとっては、食生活が大事であるということが言えるのです。

ご自分の食事や生活習慣に自身がないという方は、一度医師に相談してみるというのも手かもしれません。

私が知っている福岡にある薄毛治療専門病院は、薬以外も総合的なケアを行っています。